みなさん、おこんにちは。

昨日よりもまた、楽になってきました

素直にうれしい。
普通食に替えてもらった。





毎年この時期に、母は地元の信用銀行からのイベントで1泊旅行へ

近所の友達と出掛ける。

今年も出掛ける予定になっていた。

予定日の3日前に、アタクシが入院手術になってしまい、

旅行をやめようかと心配していたのですが、行くように勧めました。

旅行2日前になり、母の友人に不幸の用事ができてしまったため、

急遽、両親夫婦でのバスツアーになったのです。

今回は、神戸、淡路島、姫路を巡るツアーでした。

『姫路城の好古園でピカチュウが出るらしい』

そんなアタクシからの情報を楽しみに出かけて行きました。

母からのlineは、あちこちの写真と読むと中国人になったような短い文章が何度も送られてきて笑った。

珍しいポケモンには全く会えないと、行く先々で文句のlineが届いた。

両親が帰ってくる日の朝、急遽決まった手術に

妹と旦那が仕事を休んで付き添ってくれていて、

どのタイミングで母に伝えるか・・・3人で悩んで

結局、伝えぬまま。

両親が帰宅したのは午後7時ごろだったのだろうか。

両親は帰宅した早々、甥と姪に「はるちゃん重体」と聞き、病院へ飛んできたようだ。

術後、朦朧としていたのだけど、母がギュッとあたくしの手を握り涙を流す姿を見て

すごく悪いことをした気がした。

「おかえり」と、アタクシ。

「もう、ポケモンなんてどうでもよかったのに・・・」

いろいろ文句?を言っていたようだ。

アタクシは、母がビックリしすぎて腰でも抜かしやしないかと心配していたけど

そちらの心配はなかったので、ホッとしてまた夢の中へ戻った。

何度、家族を悲しませているのか、、、

もしかすると、終止符を打ちたがっていたのは自分自身かもしれない。

人生、なかなか思うようにはいかないけど、

やはり親より先に逝っちゃマズイねw