みなさん、おこんばんは。

今日は寒い!風が強い!

コタツもストーブも片づけちゃったので、毛布に包まっておりましたよ。


さてさて、ちょっと術後の経過の話をば。

毎回、手術の後には何かしら元とは違う何かが起きる。
 
傷の痛みはもちろんのことで、テープかぶれだったり、点滴の針の痛みだったり

細かいことから大きいことまで、いろんなことを経験することになる。

今回は手術室を出てすぐに、猛烈に腰が痛かった。

背中の傷をかばいながら、右に向いたり左に向いたり、

尿の管やらいろいろな配線が体にくっついているというのに、激しく寝返りを打っておりました。

ところどころ記憶が飛んでいるので、寝返りの時間の間隔が長いために腰が痛くなったのだと思い込んでいました。

その後は腰痛は引いていったのですが、右前骨盤から下腹部オマタに向かって、

シビレがあるのです。

痛みも少しあるけど、痺れてる感じ。

明日になれば治るやろ・・・と5日過ぎたところで、ようやく先生に聞いてみた。

この辺りにシビレがあるんだけど、手術とは関係ない? って。

すると、3か所の膿を取ったんだけど、1か所は筋肉との隙間にある場所で、

そこを掃除しているときに、神経に触った可能性があるんだと。

そのためにシビレている可能性があるらしい。

1か月ほどで治っていくんじゃないかという先生の話です。 

シビレは治りにくい。

アタクシは一番最初の大腸の全摘の手術後に、2日間両腕が全く動かなくなり

その後徐々に元に戻っていったんだけど、握力を戻すまでに何か月かかかり

左手のシビレは、未だに残っているのです。

もしかすると、今回の腰のシビレも1か月じゃ済まないんだろうなぁ・・・と

覚悟をしましたさ。

生きてるだけでめっけもん・・・と思わなね。