みなさん、おこんばんは。

夜中、電話が鳴っているのに飛び起きました。

義母からの電話で、義父が亡くなったと。

このとき午前3時でした。

どうも1時半ごろから、家の電話や携帯に計6回もかけてもらっていたようですが、

全く気がつかず、残念ながら死に目には会えませんでした。



病院から葬儀場へ移動し、葬儀の打ち合わせ。
image
 どれもこれもお金がかかりますなぁ。

びっくりしたのは、祭壇の値段。

もちろんピンキリなのですが、一番最低の祭壇でも57万円なり。

アタクシの爺さんのときは(30年前)、祭壇に特級、1級、2級、3級、4級という

段階がありました(笑

今回お世話にある葬儀屋は、等級数ではなく花の名前がついていて、

最低の57万円は『菜の花』ですって。(うちは菜の花にしたよw)

何とも頼りない大衆の花に、ちょっと笑ってしまった。

それにしても、使いまわしの祭壇が・・・高すぎる。

今夜に通夜、明日は告別式で話を進めていて、ほとんど決まった朝8時ごろに、

義父らが入っている新興宗教のエライサンに義兄が電話をしたところ、

明日通夜、明後日告別式にひっくり返され、ムカッとする。

亡くなってから3日後に火葬が好ましいんだと。

身内だけの密葬を狙っておりましたが、どうもその新興宗教が取り仕切るらしく

恐ろしいことになりそうです。
 
義母も義兄もどっぷり新興宗教信者なので、信者じゃないアタクシども夫婦の

話には聞く耳持たずです。

あんまりこんなときにお金の話をしたくはないけど、一番重要なことなのです・・・が、

義兄はこの恐ろしさを知らないらしい。

まぁ、身をもって体験してもらいましょうか。

アタクシはね、生きている人のほうが大切だと思っていて、

葬儀は最低でも構わないから、これから義母が生きていくために少しでも残しておいた方が

いいって言ってるんだけどねぇ・・・。

考え方が違うから仕方ない。

もう、やれやれー!って感じ(爆