みなさん、おこんばんは。



別荘へ出かける前に、いろいろなドラマを録画してしておきました。



そのドラマを消化中です(笑



その中で、NHKドラマ10「はつ恋」1~4話を観ました。



ちょっと切なくなりました。



主人公が手術入院を終え帰宅した夜、夫にお腹の手術の傷跡を見せるシーンがありまして・・・



キュンとしました。



アタクシも同じ経験が、何度もあります。何度もあるのも変だけど(笑



最初は、人工肛門。



これが・・・ひどく醜いものでした。



お腹にエイリアンを飼っているような・・・そんなやるせない気分でした。



ついで、右脇の30センチ、右骨盤の20センチ。



翌年にお腹の人工肛門閉鎖で10センチ。



瘻孔切除で、人工肛門跡の下に10センチ。



背中15センチが2回。



いやいや・・・並べてみると、自分でも驚きの手術痕です。



最初はね、まだちょっとばかし若かったので、傷に対して・・・



「女」の気持ちがあり、悲しくて仕方がなかったのですが



これも何度か何年か経験を積むと、「女」の気持ちはどこかへ飛んでいき



手術痕は、最初はピンクでよく目立っていたのですが



気がつけば汚い肌色になっていて、残念な体の段になっている始末(苦笑



日にち薬とはよく言ったもので、術後も刺すような痛みが半年ばかりありましたが



いつしか無くなりました。



忘れかけると思い出す。



今はあの時よりも、比べ物にならないほど元気です。



次の手術はないと信じたいですが、またその時は受け入れられるのかな[E:confident]



H2406005



今日は久しぶりに てつ。



小涼しかったので、ひざ掛けを猫と取り合いしていました(笑