みなさん、おこんばんは。

涼しい一日でした~♪

今日は妹とスーパーの梯子をしてきました。

姉妹というのは、ナンヤカンヤと話すことが尽きません。

話の一部ですが、旦那を心配して症状を聞いてくれました。

痛みが始まった時からの話をしたのですよ。

旦那が脱衣所でうずくまっていた時、

アタクシは何を考えていたかというと・・・・・・

一日仕事をしてきた挙句に、尋常じゃない冷や汗を見たので

汗を流さないと、布団に寝かせられん!と思っていたのです。

痛みが少し引いたら、シャワーを浴びさせなきゃ・・・・そんなことばかり考えていました。

「とりあえず座ってでもシャワーを浴びて、その後、動けないほど痛かったら、

 病院へ連れてってあげるから!」 と

なぜか、身を清めることばかり(笑

その話を妹にしましたら、「なんてヤツだ!布団に寝かせてやれよ!」と言うのです。

無理無理~!布団は身を清めた人しか寝かせませんって(笑


その後、痛みが引いて、病院行かなくても大丈夫と本人が言うので

心配ではありましたが、様子を見ることにしたんですわ。

その時、アタクシは

「毎日さ、夕飯に少~~~~~しずつ毒を盛ってるんだわ。

 ようやく効いてきたようだ・・・・ひっひっひっ。」 と優しい言葉をかけたのですよ。

いつも安全安心な食事が出ると思っているといけないので、釘を刺してみたのです。

夫婦と言えども、緊張感は必要ですからね(笑

旦那の返事は、「やっぱりか!」 でした[E:smile]