みなさん、おこんばんは。

今日は朝から泌尿器科。

今日はどうしても仕事が休めないと旦那が言うので、暇な父に頼み

朝一番(7時30分から受付開始)で診察券を通してもらい、9時からの診察行きました。

それでも、予約がないため待つこと・・・1時間40分。

一緒に診察室に入り、説明を聞いてきました。

尿管に小さい小さい石があって、他の腎臓や膀胱には石はないそうです。

その小さい石は、自然に出てくるものらしい・・・・が、

いつ出てくるか分からないし、また同じように痛いこともあるんだそうです。

でも、必ず出る!とお墨付き。

痛ければ座薬を入れる。

「救急に来ても座薬入れるくらいしかできませんからね。」と笑って説明を受けました。

たくさん水分を摂って、その時を待ちます。

1か月後、もう一度CTを撮って、出たかどうか確認する予定。


診察が終わり、旦那はすぐに仕事に向かいました。

アタクシは会計・薬をもらってくる係りです。

これも結構時間がかかるんですよね~。

会計から請求書が出ると、窓口か自動支払機での支払になります。

窓口に並ぶ人が多いので、アタクシはいつも自動支払機。

空いてるしね(笑

自動支払機に向かって支払いをしていると、お隣に同じように支払いをしているオバサンがいました。

オバサンのほうから、ジャラジャラと小銭の音がしている・・・・。

まだ、している・・・・・。

まだ、している・・・・・・・・。

ん?まだしてる!何だろう? と、オバサンの方を見ると、

レジ袋に手を入れ、そこから鷲づかみにした小銭を自動支払機に入れているじゃありませんかっ!

ス、ス、スゲーーー!

ツワモノ!!

アタクシが支払い終わっても、まだまだ支払機の前にいる。

その後が気になり、遠巻きで見守ってしまいました(笑

無事に支払いできたようです、小銭だけで。

オバサンは、まだまだ小銭を持っていそうな重そうなバッグを抱えて帰って行きました。

世の中にはいろんな人がいるんだなぁ[E:catface]