みなさん、おこんにちは。

アタクシ、子猫を殺してしまったようです。



朝8時過ぎ、子猫の鳴き声に気がつきました。

すぐに探すと、歩道のアスファルトの上で何とか陰になっている場所にいました。

寄ってみると、耳に血がにじんでいました。

保護しようと手を差し出すと、ものすごい勢いで逃げられました。

この暑い中・・・ほっといたら死んじゃうじゃん。

その後も家の周りを探しました。

どこかで避暑していて、夕方になったらまた来るかもしれない・・・・。

そんなことを思いながら、保護用のバスケットにペットシーツを敷き、準備だけして

買い物に出かけました。

久しぶりの子猫。

保護したら、うちの子にしちゃおうかなぁなんて、母に話していたのに・・・

買い物から帰ってくると、車が置いてあった場所に子猫が死んでいました。

アタクシが轢いてしまったのだと思います。

ごめんね。

ちゃんと確認すればよかった。

今日は友引で火葬場が休みなので、明日の朝一番で連れて行きます。

だいきちのような、白黒柄で尻尾の長い子でした。

ショックです。


その後 (追記分) ~~~~~~~~~~~~~~~~

やはりショックでしてね、泣いてふて寝しておりました。

食欲の塊のアタクシが、昼飯も食わんと(苦笑

そうしましたらね、どこかで子猫の声がするんですわ。

死んでしまった子猫の祟り、アタクシの幻聴か・・・と思いました。

30分くらい経つとまた子猫の鳴き声がするんですわ。

幻聴じゃない!

鳴き声が聞こえると外に出て探すを、4回繰り返してようやく見つけました。

黒猫でした。

思いっきり噛まれて流血がひどかったので、子猫をひとまずケースに閉じ込めて

アタクシが医者へ行ってきました。

抗生剤と塗り薬をもらってから、次に獣医さんへ。

とても綺麗な黒猫で、目ヤニなし、お尻の汚れなし、耳の中も綺麗で

ノミもいない。

生後2か月にならないくらいだそうです。

たぶん、親から離されてアタクシの家の周辺で捨てられたんでしょう。

1匹はアタクシが命を奪い、1匹はアタクシが育てます。

何度も噛みつかれて暴れられましたが、ここで放したら救えない!と思い

こちらも根性でしたよ(笑

また、新入りの写真は後日ね。

今日は泣いて大汗かいて走り回って疲れました。