みなさん、おこんばんは。

今日は昼から通院日でした。

採血とレントゲンとMRIをしまして、診察を受けると・・・

「かなり・・・悪いねぇ・・・」 ですと。

この段階で、手術の話が出ましてね・・・ガックリですわ。

追加でCTと胸のレントゲンを受けることになりまして

検査結果後にまた診察でしたから、すぐに旦那に来てもらいました。

さすがに手術の話になったら、一人で聞くのもねぇ・・・

そう思って助けに来てもらいました(笑

10月1日の段階で、炎症反応が14.7という驚異的な数値でして

今日までザイボックスを飲んで炎症反応が4.8。

すッごく悪かったのが、悪い程度に改善が見られたものの

肺炎になっていて、脊椎にあった膿が肺のほうに回ってしまっているという状況。

手術で取り除くのが一番だけど、2回目なので癒着の心配もあり

かなり難しい手術になるらしい。

手術が成功しても、膿が出なくなる保証はなく完全に治すのが難しいことなど

何やら・・・大事になりそうな・・・そんな話でした。

呼吸器科の先生にも診ていただいたらしいのですが

とりあえず、ザイボックスを引き続き飲んで、菌を少なくしましょうという話になりました。

もうそれ以外、今は選択はないと。



すごく悲観的な気持ちかというと、そうでもない[E:smile]

「もし、何も治療せずに放っておいたら死んでしまうのですか?」 と

聞きたかったけど、聞けなかった。

治そうとしてくれている先生に失礼かなと思ったからです。

また薬を飲んで、良くなればラッキー。

良くならなければ、手術。

手術が成功すれば生きられるし、ダメだったらそれはアタクシの寿命。

また・・・母が嘆くなぁ・・・・旦那にも申し訳ない。

そっちのほうが、気がかり[E:think]