みすずさん・・・


昨年の秋、3回目の入院のとき

隣の個室だったおしどり夫婦。

奥さんが末期のガンだった・・・。

旦那様は毎日朝早くから夜まで付き添い、介護していた。

アタクシが退院するときに

『私の次に、元気で退院できますように』と

握手して分かれた。

今回の入院で、気になったのでその後を聞いたところ

昨年末、亡くなられたそうです。

力のない、ほんのり温かい・・・ふんわりとした・・・・

いかにも病人の手のぬくもりを思い出しながら泣けてきました。



我が家の近所のラーメン屋の奥さん


アタクシが最初の入院のとき一昨年の秋

乳がんで右おっぱいの摘出手術を受けていました。

手術後は元気に働いてたんです。

何度も入退院する私のことを心配してくれたり・・・

そんな彼女に脊髄と頭7箇所の転移。

私は5F、彼女は4Fだったため ヨタヨタしながら

遊びに行ってました。

副作用に苦しむ彼女はほんとうにつらそうで・・・

でもすごく前向きで・・・

でも・・・一人になると怖くて泣けてくるって。

『がんばろうね!』

そう、お互い励ましあうんです。

もしかしたら明日にでも病気が吹っ飛ぶような薬ができるかもしれないしね~。

なんて言いながら2人して笑いました。



ただ元気になりたいだけなのに。

健康になりたいだけなのに。

こんなに難しいことだと思わなかった。



今日はちょいとしんみりしました。